トップ オンデマンド印刷とオフセット印刷の見た目の違い

オンデマンド印刷とオフセット印刷の見た目の違い

公開日 2021.03.30   更新日 2021.05.07

仕上がりは?

オフセット油性印刷のインキは紙に染み込んでいくため、紙の風合いを損ないませんが、オンデマンド印刷の粉末のトナーは紙の上で固まり、紙に対しての染み込みがないため、特に上質系の用紙の印刷面は紙の風合いが少なくなってしまいます。

 

オンデマンド印刷とオフセット印刷の染み込みについて、ひとつ事例を紹介します。

スミの濃度の違い

こちらの事例はオンデマンド印刷とオフセット印刷のスミ濃度の違いについてです。お客様からのご依頼は初回6種類の印刷物を各1000部印刷、その後少なくなり次第、個別で200枚程度の増刷を考えているとのこと。印刷は片面スミ1色で用紙は色上質 若草 中厚口。ロット数から考えて初回はオフセット印刷、増刷時はオンデマンド印刷をご提案し、オンデマンド印刷とオフセット印刷の違いを見て頂こうと、それぞれの本機色校正をお出ししました。
するとどうでしょう、同じ%で印刷したスミ濃度ですが紙の染み込みに関係した違いがこんな感じで出ました。

濃度を合わせるために調整したスミ濃度は?

元のデータはスミ95%、どれだけ落としたらオフセット印刷と同じ濃度になるのか、いくつか調整してみました。結果は85%の濃度が一番近いことが分かり、オンデマンド印刷での増刷時は85%の濃度で印刷することになりました。

オンデマンド印刷の仕組み

オンデマンド印刷を選ぶメリットは、小ロットから印刷できて部数によってはオフセット印刷よりも価格が安いこと。また、版を作成しないので短納期で仕上げることができる、などが挙げられます。
オフセット印刷はインキを使うのに対して、オンデマンド印刷はトナーを使ったレーザープリントタイプです。カラーコピーの高性能版と言った方がイメージしやすいですが、一般的な家庭用プリンターのインクジェット方式とはまた違った印刷方法になります。

印刷機を使い分けたいときはご相談ください

オフセット印刷とオンデマンド印刷とでは、同じカラー印刷でも印刷方法がまるっきり違います。どちらの印刷かで迷われている方は事前にご相談ください。試しに小ロットの「オンデマンド印刷」、評判が良かったら大ロットの「オフセット印刷」など、印刷機の使い分けをご提案させて頂きます。それぞれの印刷機の色の出方も、今までの実績をご覧頂きながらご説明させて頂きます。

 

明日、誰かに話したくなる紙と印刷のこと

  • どんな紙が良いの?
  • 印刷の仕上がりは?
  • ちょっと変わった印刷がしたい

などなど、明日使えるお役立ち情報が満載!
月2回配信しています。

メルマガ登録はこちら
あなたのわがまま、たくさん聞きたい

03-5608-5741
(お気軽にお問い合わせください|平日 10:00~18:00)

© SANKO