トップ 特色印刷も奥が深いんです

特色印刷も奥が深いんです

公開日 2016.09.14   更新日 2021.06.28
職人技

特色印刷とは

特色印刷とは、CMYKのフルカラー印刷では表現できない色味の代わりに「特色インキ」を使って印刷することをいいます。金色や銀色、蛍光色や、フルカラー印刷では濁ってしまうような色の表現に使われます。特色インキは一般的に、DIC、PANTONE、TOYOといった特色メーカーが出しているインキをそのまま使用したり、各メーカーの色見本帳を元に印刷会社がそれぞれ配合したりします。

どんなときに使う?

例えば、オレンジ色のイラストだけを印刷したい場合、フルカラー印刷はCMYKの4つの色の組み合わせで印刷するのに対し、特色は1つの色で印刷をするのでコストを抑えることができます。ただ、オレンジのイラストの他に紺も赤も緑も使いたいなど、特色の多色刷りをしたい場合はフルカラー印刷より割高になってしまいます。

インキディスペンサーがあればインキ納品だって可能です

昔の特色印刷といったら、印刷会社の職人の勘に頼ってインキを配合して作っていましたが、今ではインキディスペンサーという調色機を使えば9割以上の精度でインクを作ることができます。今回は親しくさせて頂いている印刷会社さんが、特色をほんの少しだけ必要とのことでご相談があり、サンコーのインキディスペンサーで、特色を調合してお納めしました。
写真のインキ缶には、色のDICナンバーと、見本として実際に紙にインキをつけています。この見本は、紙と紙をこすり合わせて作るのですが、印刷をしたときと同じ厚みでインキをつけないと、本当の色がわかりません。例えば黄緑のインキであっても、紙につけるときに、厚く盛ってしまうと、色が深緑に見えてしまったりするのです。
練ったインキを紙に取って押し広げる。という簡単な作業にも、職人の技が秘められているのです。

 

明日、誰かに話したくなる紙と印刷のこと

  • どんな紙が良いの?
  • 印刷の仕上がりは?
  • ちょっと変わった印刷がしたい

などなど、明日使えるお役立ち情報が満載!
月2回配信しています。

メルマガ登録はこちら
あなたのわがまま、たくさん聞きたい

03-5608-5741
(お気軽にお問い合わせください|平日 10:00~18:00)

© SANKO