トップレーザーカッターで封筒の片面だけを加工してみた

レーザーカッターで封筒の片面だけを加工してみた

2019.08.30

こんにちは。
今回のブログは、レーザーカッター実験室です!
印刷実験室、アクリル実験室に続いてレーザー実験室も始まる予感。乞うご期待・・!

レーザーカッター(レーザー加工機)とは皆様ご存じの通り、切断(カット)、彫刻、マーキングといった加工を、様々な素材に施すことができる機械です。
「LASER(レーザー)」という言葉は、「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」の頭文字をとって作られており、この言葉は、「誘導放射による光の増幅」を意味します。レーザー加工機は、木材・紙・アクリル・ポリエステル・ポリプロピレン・ステンレス・革など、様々な素材に加工ができる優れもの。

実際に社内で制作してみたものがこちらです。

薄い木の板に、葛飾北斎の木版作品、『富嶽三十六景』より『神奈川沖浪裏』と『御厩川岸より両国橋夕陽見』を彫ったもの。65×95㎜の手乗りサイズですがなんとも細かい!通常の版木と同様、転写できるように反転させています。

刃物や金型が必要がなく繊細な表現が可能な点も、レーザー加工のメリットですね。と、機械の話はここまでにして・・。

今回の本題は、「複数枚から成る紙の一枚目だけを切る!」
複数枚から成る紙・・?はじめから複数枚が一体になっているもの・・・そう、「封筒」です。

通常、紙に抜き加工を施すと、抜きカスがでてしまったり、抜いた部分を手で取り除く必要があるなどの懸念が。そこで通常の“カット”ではなく、“彫って”みることに。あえて彫ってみることで、封筒の片面だけに模様を施せるのでは?という試みです。

早速実験スタート!
まずはレーザー加工機の設定を、以下のように定めます。
「彫刻モード」
木材・アクリル等を彫刻(彫る)する際の設定で、今回はこの設定で進めます。紙の場合では削っていくような感じになります。
さらに、レーザーの設定を「パワー」と「スピード」にし、調整していきます。
「パワー」
レーザー出力のこと。(最大値100%)。木材などを深く彫る場合には強い「パワー」が必要となるため高い値を設定します。今回の紙では、低い値にします。表面の状態を確認しながら、徐々に「パワー」を上げていき、その紙に合う値を設定します。紙の種類によって異なる厚みや表面加工に対応します。

「スピード」
レーザーを放つヘッドの動くスピードのこと。(最大値は100%)。スピードが速いと露光時間が短く、遅いと長くなります。
紙の場合は、スピードが遅いとレーザー露光がゆっくり当たるために焦げたり、出火してしまう可能性も。そこで、一番早い「スピード(100%)」から徐々に下げていき、「パワー」と合わせてその紙に合った値を設定します。

模様が見えてきました。ヘッドが左右に動きながら、封筒の一枚目だけを加工していきます。
パワーとスピードを調整しながら加工を進め・・完成したのがこちらです。

SANKOの模様が、綺麗に表れました!

表面にのみ、加工が施されています。
会社のロゴが印刷ではなく、抜き加工された封筒が届いたら、ちょっと見入ってしまいますね。まだこちらは実用段階ではありませんが、このように日々新たな表現を探求しております。

最後に裏話。
今回のように一度「パワー」と「スピード」の値を確認すれば、また違う日に作業する際も同じ値で、作業できるはずです。が、しかし紙の場合は、同じ設定でも日によっては裏まで貫通してしまうことが。。。その理由は、気温による湿度の変化や、乾燥の度合いが影響するためです。紙以外の素材も、同様に設定値の確認は毎回行いますが、紙ほどの変動はありません。紙を加工する際は、より入念に確認しています。

初のレーザー実験室、最後までお読みいただきありがとうございます。
今後はレーザーによる実験もブログにて更新していきますので、たまに覗いてくださるとうれしいです。
そんなわけで、印刷以外のご相談もどうぞお気軽に!お待ちしております。

 

R.K

03-5608-5741
(お気軽にお問い合わせください|平日 10:00~18:00)

© SANKO