トップ 環境にやさしくてエシカルでSDGsな印刷用紙

環境にやさしくてエシカルでSDGsな印刷用紙

公開日 2022.06.27   更新日 2022.06.27

洋服を紙としてよみがえらせるサーキュラー・コットン・ペーパー

印刷用紙は木材から作られたパルプを原料に作られるのが一般的。しかし、サーキュラーコットンペーパー(以下CCP)は、洋服などのコットンの繊維から作られています。売れ残りや工場の廃棄物など、洋服に関連する繊維のゴミは世界のゴミの14%も占めているそうです。しかし 日本における繊維のリサイクル率は17.5%に過ぎず、毎年137万トンの繊維の廃棄物が捨てられ燃やされているとのこと。それに対して紙は85%が回収され、古紙利用率は67%。それならば繊維を紙としてリサイクルさせることで循環型社会を実現したい。そんな考えからCCPは生まれました。
紙の表面は上質なコットンのように柔らかく、やさしい風合い。白さを高めるための漂白工程を行わないため、紙に漉きこまれる素材によりロットごとの色味が異なることも、サーキュラーコットンペーパーの特徴です。

オフセットもオンデマンドも印刷適性の高いCCP

実際にテスト印刷を行ってみました。使用したのは10.5kg(1000枚換算で105kg)

オフセット印刷では落ち着いた仕上がりに

非塗工紙のためインキは紙に染み込み、アラベールのような落ち着いた色味になりました。非塗工紙の場合、紙に浸透しすぎて色が浅くなることもありますが、CCPではあまり気になりません。ただ、表面に凹凸があるのでコート紙に比べれば印刷はシビア。ファンシーペーパーの印刷に慣れていないと、色がしっかりと入らないかもしれません。また紙ムケも若干多めです。

落ち着いた自然な色合いです。

オンデマンド印刷では鮮やかな仕上がりに

粉状のトナーを静電気で吸着させ熱で固定化させるオンデマンド印刷では、トナーが紙にしみこまず表面で固まり、紙の上にトナーの膜が出来たような状態となるため、印刷面はオフセットよりも光沢が出て鮮やかな仕上がりになりました。

写真ではわかりづらいですが光沢のある鮮やかな仕上がりです

気になるコストは?

価格は数量や流通ルートによって変化するため一概には言えませんが、サンコーでの仕入れ価格はヴァンヌーボなどの高級印刷用紙とほぼ同等でした。安い紙ではありませんが、使うことで地球環境に貢献できて仕上がりも美しいCCP。選択肢の1つに加えることが出来る価格帯だと思います。

CCPはどんな用途に向いている?

CCPのラインナップは、斤量が約70kgから265kgまでと幅広いので、薄いものをつかえば会社案内やパンフレット、壁掛けカレンダーなどに向いています。厚いものを使えばポストカードやパッケージ、タトゥファイルなどにも最適です。

サンコーはCCFのパートナー企業です

このCCPは一般社団法人サーキュラーコットンファクトリー(CCF)によって作られています。CCFの理念に共感し、サンコーは2021年にパートナー企業となりました。エコな紙には様々なものが出ていますが、洋服などのコットン製品が原料というストーリーを持ったCCP。印刷のご相談はこちらのお問合せフォームからお気軽にどうぞ。

03-5608-5741
(お気軽にお問い合わせください|平日 10:00~18:00)

© SANKO