トップ 鈴木謙一さんの製本会社のプライドを持ちながら、製本の相談窓口を目指し続ける視点 ・・・

鈴木謙一さんの製本会社のプライドを持ちながら、製本の相談窓口を目指し続ける視点 | 紙と印刷とラジオ 第71回

公開日 2022.01.11   更新日 2022.03.12

斜めリングで有名な鈴木製本さん

1949年創業の鈴木製本有限会社の鈴木謙一さんにゲストにお越しいただきました。謙一さんは三代ですが、初代からみなさんモノづくりが大好きでアイディアマン。オリジナルの技術に磨きをかけてきたそうです。

見本帳からカレンダーに進出した訳

もともと鈴木製本さんの主力商品は紙見本の製本でした。しかし季節商品であり8月以降が暇になってしまうため、工場が稼働出来て製造工程も似ているカレンダーに進出されたそうです。

とりあえずやってみよう

鈴木社長のデスクには、「とりあえずやってみよう」というメモ書きがいつも貼ってあるそうです。決められた納期、決められた単価でやるだけの仕事ほど楽なことは無いし、(面倒なことに)また頭を突っこんじゃったなあ・・・と思うことが多いと笑いますが、カタチになって喜んでもらえることが嬉しいとのこと。これからも、町の製本屋である泥臭さを忘れずに、製本屋の相談窓口を目指したいと夢を語ってくださいました。

鈴木謙一さんの製本会社のプライドを持ちながら、製本の相談窓口を目指し続ける視点人気商品となった斜めリングノートと一緒に

03-5608-5741
(お気軽にお問い合わせください|平日 10:00~18:00)

© SANKO