トップ デジタル版画と伝統工芸の融合

デジタル版画と伝統工芸の融合

公開日 2020.09.29   更新日 2020.10.22

この版画は何?

じつはこれ墨田区のプロモーションポスターなんです。

墨田区の創業支援内容はとても充実しています。。そこで、もっとたくさん知ってもらうために起ち上がった「ものづくりスタートアップ連携促進事業プロモーション」のポスターです。

レーザーカッターで制作した木版画のポスター

プロジェクトを任されているENJIN TOKYOさんから「墨田区は葛飾北斎が生まれ育った街。そこでサンコーさんが行っているデジタル版画の技術を使って、浮世絵の摺り職人に摺ってもらい、ポスターにしたい。」というご相談をいただきました。事業の企画内容もすばらしかったので、応援したいという気持ちから即答しました。

いばらの道

制作が開始されてから、クリアしなければならない点がでてきました。デザイナーさん、摺師さんと話し合い、実際摺ってみた結果をもとにデータから作り直してを何度も繰り返して完成しました。

紺色のグラデーション用の版 紅色の版 緑色の版 黒色の版

デジタル版画ポスターメイキング

レーザーカッターで加工したデジタル版画の技術が、この作品を形成する一つのピースになっている事を誇りに思っています。

墨田区の施策。サブス区のサイトはこちらから

デジタル版画を用いて浮世絵を再現したワークショップの内容はこちら

デジタル版画のほか、紙やアクリルへの印刷や加工のお問い合わせはこちら

あなたのわがまま、たくさん聞きたい

03-5608-5741
(お気軽にお問い合わせください|平日 10:00~18:00)

© SANKO