トップ レーザーカッターで紙に彫刻してみたら良い感じになったっていうお話し

レーザーカッターで紙に彫刻してみたら良い感じになったっていうお話し

公開日 2021.09.30   更新日 2021.09.30

こんにちは。レーザーカッター実験室、お久しぶりの投稿です。前回は封筒を使って表面だけをレーザーカットする実験をしてみました。予想外に多くのみなさんに読まれたブログだったので調子に乗って第2弾です。今回は「紙に彫刻してみたらどうなるんだろう?」という発想から、白い紙だけではなく色紙も使って実験してみました。「もしかしたらレーザーカッターで空押しみたいな表現が出来るのでは?」と甘い期待を抱いて、いざTryです。

今回用意した紙は?

いつもラジオでご一緒させて頂いている平和紙業の西谷さんにレーザーカッターの実験を相談したところ、今回の目的でもある空押しや箔、活版印刷などに使われる紙の中から幾つかご提案頂きました。その中でも、質感があり厚みもある人気の色紙「ディープマット」や「ケンラン」、コースターなどで使われる1mm厚の「LPマット」や「SSコースター」を、平和紙業さんのご厚意でご提供頂きました。

ディープマット 450㎏(ホワイト・スコールグレー・バーミリオン・ブラック)

紙本来の触感があるナチュラルな肌と厚さ。空気を内包しつつ、剛性を保った紙質。深くシックな色が特徴のファンシーペーパーです。

ケンラン 400kg(ディープレッド・アイス)

44色の多彩な色揃えと7連量の厚さで、幅広い用途に対応する色カードの定番です。プレーンな肌合いのため、印刷適性も良好です。

LPマット 1mm

未晒パルプ(UKP)を25%以上配合したクラフト調のクッション紙です。オフセット印刷が可能で吸水性もあり、コースター用紙としてのご使用の他、活版印刷や箔押し・空押し等の加工で立体的な素材感を演出できます。

SSコースター 1mm

吸水性とオフセット印刷を両立させたコースター用紙です。独特の白さと厚みと肌合いを併せ持ち、タグやカードにも幅広くご利用いただけます。箔押しや活版印刷などの加工を施すと、素材の存在感が際立ちます。

左から、ディープマット(ホワイト・スコールグレー・バーミリオン・ブラック)、ケンラン (ディープレッド・アイス)、LPマット、SSコースター

どんな絵柄で比較しよう

さて、それぞれの用紙に対してどんなスピードとパワーの組み合わせが良いのだろうと考えた末、このようなチャートを作ってみました。横列がスピード、縦列がパワーです。これなら同じ条件で何が最適か一目瞭然です。

それじゃいざ、実験スタート

白い紙系

まずは白い紙系の、ディープマット ホワイト、ケンラン アイス、SSコースターでテスト。焦げることは想定していたのですが、紙の白さによって焦げ方が違うのが面白い。ホットスタンプ加工したみたい。

ディープマット ホワイト ケンラン アイス SSコースター

クラフト紙系

次にクラフト系のLPマットでテスト。白の紙と比べて焦げ方も茶色く見えて、どちらかというと木材にレーザー彫刻した感じ。

LPマット

色紙系

最後に色紙グループでテスト。おーーーーーっと、これは今まで想像つかなかったイメージ!パワーを強くすると焦げてきますが、中間の組み合わせは様々な表現をしてくれています。特にケンラン ディープレッドは白っぽくなってるし。新しい発見です。

ディープマット スコールグレー ディープマット ブラック ディープマット バーミリオン ケンラン ディープレッド

このレーザーカッターの実験結果を元に名刺を作ってみよう!

想像以上の仕上がりに、テンションが爆上がり。せっかくだから、この実験結果を元にサンコーの名刺を作ってみようと思いました。勝手に。スピードとパワーの組み合わせは一番きれいな出方をする、Speed 60×Power 30で決まり。用紙は絶対外せないケンラン ディープレッドを筆頭に4種類選んでみました。調子に乗って動画なんかも撮っちゃったりして。

これは外せない

斜め上な仕上がりに大満足!

初めに思い描いていた「レーザーカッターで空押しみたいな表現が出来る?」を超える、斜め上な仕上がりになりました。だってインキも使ってないし、箔のフィルムも使ってないんですよ。

ケンラン ディープレッドは、やっぱり良い感じ。この白さの正体は紙の間に挟まっている少し色の違う紙色の影響なのだそう。 LPマットも味がありますね。でも文字が細かったり、小さかったりすると読みにくいかも。 個人的に期待していた、ディープマット スコールグレー。レーザーカットの面積が広く、文字は太字で大きい方が良いかもしれません。 ディープマット ブラックは読ませるというよりは何か模様の方がよいかもしれませんね。

レーザーカッターと紙で広がる紙の表現方法

今回は印刷ではない手法で実験してみました。これもまた、紙の表現方法の新たな一面ではないでしょうか。みなさんのアイデアでいろいろな表現方法を試してみませんか?次はどんな実験か楽しみにお待ちください。

サンコーはレーザーだけでなく印刷の実験もしてるんです。
サンコーの印刷実験室」はこちら

明日、誰かに話したくなる紙と印刷のこと

  • どんな紙が良いの?
  • 印刷の仕上がりは?
  • ちょっと変わった印刷がしたい

などなど、明日使えるお役立ち情報が満載!
月2回配信しています。

メルマガ登録はこちら
あなたのわがまま、たくさん聞きたい

03-5608-5741
(お気軽にお問い合わせください|平日 10:00~18:00)

© SANKO