トップ 何を伝えるか。から考えるリーフレットづくり

何を伝えるか。から考えるリーフレットづくり

公開日 2020.09.24   更新日 2020.09.25

呼吸と姿勢にフォーカスした心体義塾・ZATメソッドのリーフレットを制作しました。

ページを開くと、キャッチコピーの「天賦の才を最大化する姿勢と呼吸」と、その説明文が見え、さらに人の写真を見開きに配置することで、次のページをめくりたくなります。

めくった先にはZATメソッド誕生のきっかけなど、メソッドの説明が出てきます。

さらに、デザイナーさんの遊び心で、リーフレットを表裏に並べると、背景にZATの文字が続くという遊び心あるデザインがされています。

このリーフレットが完成したのは2020年9月なのですが、ご相談を頂いたのはなんと2019年の秋。まだコロナのコの字もなかったころでした。

ブランドコンセプトづくり 当たり前を伝える難しさ。

お問い合わせをいただき打ち合わせをしてみると心体義塾を新たに立ち上げたばかり。呼吸と姿勢というすべての人間が当たり前にやっている(やっていなかったら生きてない)ことの大切さを伝えるのが難しく、なかなか理解してもらえない。さらに「怪しい宗教?」と思われてしまう。そんな悩みをお持ちでした。
そこで、「どんな人に、自社をどんなふうに思ってもらいたいか」というブランドコンセプトを明確にする作業から始めるご提案し、19年の年末に塾長である内田さんにお話を伺いに横浜まで出かけました。そこで3時間みっちりお話を伺い、パソコンで取ったメモは7000文字以上!圧倒的な勉強量と熱意と問題意識をもってこのメソッドを作られたことがわかりました。
同時に、専門家ではない一般の利用者が理解できるレベルまで、7000文字の情報をどうやって削ぎ落していけばよいだろう。呼吸と姿勢という当たり前のことがなぜ大切なのかを理解してもらえるのだろう。co-lab墨田亀沢のメンバーでもあるライターの岡島さんと解決策が見いだせないまま年越しを迎えました。

伝えられる文字数から考える

サンコーのブランドコンセプトづくりでは、通常はコンセプト文やキャッチコピーといったテキスト要素から作ります。言葉は人による解釈のブレが少なく、さらにデザインを判断する前に言葉が確定していると、デザインを判断する基準になると考えるからです。
でも、今回は伝えたいことが盛りだくさん。文字要素を確定するのに苦戦しそうでした。そのため、A4リーフレットにはどれだけの情報を掲載できるか。そこから考えることにしました。

実際にレイアウトしてみると、事業の特徴を4つ程度にまとめたもの(各150文字)。ブランドコンセプトの説明(150文字)程度。キャッチコピー(10文字程度)。ここに必要な写真を適宜配置しただけで紙はすでにいっぱいです。
自社の事業を4つの項目で説明するとしたら、どんな内容になるか?そんなディスカッションをしながら、内容を絞り込んでいきます。同時に、1月には施術をライターさんに体験してもらいました。笑ってしまう程に痛かったそうですが、呼吸と姿勢の大切さを体感(痛感)したようです。
施術を受けたのは江東区にあるこちらの治療院
数度の打ち合わせを経て「ZATメソッド誕生のきっかけ」「呼吸と姿勢にフォーカスした訳」「呼吸と姿勢が整えれば人生が変わる」「ZATメソッドを体得する多彩なメニュー」という4つの説明文章が固まり、その後にキャッチコピーやその説明のためのリード文が固まったのは、7月の梅雨時。そこからデザインの作業が本格的にスタートしました。

ブランドイメージをデザインで可視化する

デザイナーもco-lab墨田亀沢をご利用いただいている河内貴春さん。装丁(書籍のデザイン)から、グラフィックデザインまで幅広く手掛けられているデザイナーさんです。
心体義塾のロゴから連想される「和」を感じさせるデザインと、ZATからイメージされる「洋」のデザインの2パターンをご提案。「洋」のテイストを気に入っていただき、ZATという文字を大きくあしらった表紙デザインに決まりました。

印刷でゴースト発生!

長かったプロジェクトもいよいよ佳境。サンコーの工場で印刷が始まったとたんに職人から連絡が。ゴーストが出たというのです。ゴーストとは、デザインの中で白い部分があることで、その上下のインキ供給量が増えてしまい、周囲との濃度が合わなくなってしまうことをいいます。

A4サイズの印刷物なので、菊半裁用紙に4面付けが最も効率的なのですが、四六四裁にサイズを変え、2面付けで印刷しなおして、やっと完成。

おもいをカタチにするフルコース

伝えたいおもいを見つけ出す顕在化(ブランディング)
見つけ出した想いを伝わる形にする可視化(デザイン)
そして、手に取れる形に具現化(プリンティング)
co-lab墨田亀沢をご利用いただいているクリエイターさんとコラボレーションした、サンコーの「おもいをカタチにする」フルコースのお仕事が、このリーフレットには詰まっています。

心体義塾リーフレット

キャッチコピー、テキスト:岡島梓
デザイン:河内貴春
ディレクション:有薗悦克(サンコー)
進行管理:岡部和彦(サンコー)
印刷:福沢彦之(サンコー)
用紙:コート135kg
仕様:4C/4C A4サイズ3つ折り

 

サンコーの考えるブランディングとは?

サンコーのブランディング事例

あなたのわがまま、たくさん聞きたい

03-5608-5741
(お気軽にお問い合わせください|平日 10:00~18:00)

© SANKO