トップ 商品名とコピーから紙を知る(後編) | 紙と印刷とラジオ 第91回

商品名とコピーから紙を知る(後編) | 紙と印刷とラジオ 第91回

公開日 2022.06.07   更新日 2022.06.07

前編では、ファンシーペーパーの商品名についてのお話ししましたが、後編ではファンシーペーパーの色名、コピー、ストーリーについて語りました。

紙の色名について

一般的な紙の色名

色上質のアイボリー、あさぎ、みず、うすみず、もも、さくら。
エコラシャのあか、きいろ、れもん、あお、しんばし、しろ、くろ。
エコジャパンRのあか、きいろ、ゆき、くろなどは一般的な色の名前で想像がつきます。また、まんだらのかめのぞき、びゃくろく、やまばと、ひわもえぎなども和の色の名前なので、名前から色が想像しやすいです。

記号(数字、アルファベット)

TANTのN-9は真っ白、N-1は真っ黒。数字の前のアルファベットは、N:ニュートラル V:ヴィヴィッド D:ダーク I:イルミナント(蛍光)などの意味があります。

変化球

かぐやという紙では満月(白)、新月(黒)、三日月(黄色)、上弦(みどり)、下弦(青)。
ポルカでは、とうふ、こんにゃく、そば、バナナ、きなこ、カステラ、フラミンゴ、カナリアといった食べ物や動物。
岩はだは、はくじ、せいじ、きぜと(黄瀬戸)、びぜんなど焼き物の名前が色名として使われています。
キュリアスマターに至っては、ゴヤホワイト、アンディナグレイ、イビセンカサンド、デジレレッドなどじゃがいもの品種が使われています。なんとも不思議な名前の付け方。

コピー

ファンシ―ペーパーでは紙見本の冊子でコピーがつけられることがあります。
Magカラー『モニターでは出せない18色』
Mag-N『その半分は雑誌古紙でできている』
WPHOエンボス『懐かしいのに新しい』
これらは西谷さんがコピーを作られたそうです。
昔のコピーだとこんな感じ
1993年 Aプラン『Aから始まる、A-プラン。』
1996年 新アトモス『生活のリズム、自然の文様、氣の紙。』
1996年 Mr.B『ずっと愛されたい。ドキドキ初対面、新しい紙。この感触がたまらない。』
2013年 かぐや『あの星の裏側を見に行こう。』

かぐやには開発時に壮大なストーリーが込められています。ぜひオンエアをお聞きください。

紙の名前には開発時の想いがこもっており、名前から紙を選ぶというのも1つの方法かもしれません。

紙と印刷とラジオ 商品名とコピーから紙を知る様々な色展開がある紙見本とともに

03-5608-5741
(お気軽にお問い合わせください|平日 10:00~18:00)

© SANKO