トップ 名刺について | 紙と印刷とラジオ 第84回

名刺について | 紙と印刷とラジオ 第84回

公開日 2022.04.12   更新日 2022.04.12

4月は組織変更や入社などで新しい名刺を持つ時期、ということで名刺について語りました。

名刺は自由!

最初の挨拶で渡す名刺はその人自身を表しているところがあるのに、比較的自由に小さな実験をできるもの。加工に凝っても比較的低コストで印刷加工実験ができるいい機会とも言えます。

平和紙業さんでは名刺に好きな紙を選ぶことができる

バガスケントCoC、新アトモス、キュリアスIR、HSK抗菌ケントCoC、ICHIMATSU、トーンFなど10種の中から選ぶことができるそうです。

名刺の仕様

標準サイズは55mm×91mm。紙厚は四六判160㎏前後。印刷はオフセット、オンデマンド印刷で両面が一般的です。
それに対して、サイズ、形状が違う、紙厚が違うなど凝った名刺を頂くことが多くあります。厚い紙の名刺で人気なのは特クッションやSSコースターなどで、一番厚い1.0㎜で名刺を作る人もいらっしゃいます。ただし気を付けないといけないのは1.0㎜の厚さの紙で名刺を作ると、一般的な名刺ケースに数枚しか入りません。多くの方と名刺交換する時に困ることに・・・。

こだわった名刺

西谷さんが関わったものでは、4枚貼合(上から OKフロート ホワイト 90㎏、イルミカード もも 180㎏、イルミカード もも 180㎏、OKフロート ホワイト 90㎏)に、両面加熱型押しというのがあるそうです。サンコーでは、オフセット印刷機を使って世界に1枚しかない名刺を作らせて頂きました。

紙と印刷とラジオ 名刺についてテーマに合わせて名刺交換をしながら

03-5608-5741
(お気軽にお問い合わせください|平日 10:00~18:00)

© SANKO