トップ 馬場将実さんのレーザー加工で紙加工を盛り上げる視点 | 紙と印刷とラジオ 第64・・・

馬場将実さんのレーザー加工で紙加工を盛り上げる視点 | 紙と印刷とラジオ 第64回

公開日 2021.11.02   更新日 2022.04.10

レーザー加工機を使った紙加工で評判の株式会社ロッカの馬場社長にお越しいただき、「レーザー加工で紙加工を盛り上げる視点」というテーマで語って頂きました。

レーザーと抜き加工との違い。

プレスによる抜き加工との違いはどこにあるのか?気になる方も多いと思います。それぞれ得意、不得意があり、抜きでは出来ない細かな加工ができること、小ロットでもできること、抜き加工と一緒にスジも作れることがレーザーの得意分野。そのかわり、シンプルな形での大量生産に向かない、加工できない紙がある、焦げるなどがデメリットだそうです。

なぜこの業界に?

自由業だった馬場さんが当時付き合った彼女の実家がナンバリング、帳合、ミシンの会社。「カミさんと仕事がもらえるなんて」と思い、結婚を機に入社したのがこの業界に入ったきっかけとのこと。

なぜロッカを創業?

後継者として入社したはずが、リーマンショックによる業績悪化で実質上の解雇宣言!サラリーマン経験がなかったので、どこかに勤めるという想像がつかなく、たまたま知り合ったレーザー加工を事業として選んだそうです。

誰もやっていないからチャンス。と思う生き方。

そのほかにも馬場さんのビジネスに対する考え方、デジタルな機械だけどアナログな職人技を必要とするレーザー加工機の特徴などについてお話しを伺いました。

紙と印刷とラジオ 馬場将実さんのレーザー加工で紙加工を盛り上げる視点西谷さんの指が微妙に違う方向向いてるのが気になる

03-5608-5741
(お気軽にお問い合わせください|平日 10:00~18:00)

© SANKO