トップ企業さま向け印刷セミナーを開催しました

企業さま向け印刷セミナーを開催しました

2016.01.13

印刷セミナー
キャラクターグッズの販売を手掛けられている、ドリーム・ぽけっと様(http://www.dreampocket-webshop.jp/) の社員さん16名向けに印刷セミナーを開催させて頂きました。ドリーム・ぽけっと様とは事務所がご近所なこともあり、印刷のお取引を頂いているお客様で、キャラクターグッズの店頭やネットでの販売や、催事での販売をされています。紙に限らずグッズなどの様々な印刷物をやり取りする事が多く、社員さんに印刷の基礎知識をつけさせたい。というご依頼を頂き、セミナーを企画させて頂きました。

印刷セミナー
緊張気味の山中

まずは座学にて各種印刷方法の違いを学びます。講師は、ドリーム・ぽけっと様を担当している営業マンの山中です。印刷には、凸版・平版・孔版・凹版など様々な種類があり、印刷される素材や、ロットなどによって最適な方法が変わります。テキストと実際に印刷されたサンプルを見て頂きながら、基礎的な知識をご説明しました。

印刷セミナー
オフセット印刷とオンデマンド印刷を見比べてもらいました

続いて工場の視察です。まずは、2階にあるDTP部門です。

印刷セミナー
ここでは、印刷の前工程を行っています。前工程というのは、例えばPCの画面上では1ページ目の次は2ページ目です。しかし、オフセット印刷では、大きな紙に複数のページを割り付けて印刷して、折って断裁して冊子にします。そのため、1ページ目の次は8ページ目だったりします。そのように印刷に適した形にデータを配置しなおしたり、校正の為に大型のインクジェットプリンターで出力を行ったりする作業を行っています。

印刷セミナー
CTPの版のご説明

校正が終わると、CTPと呼ばれる機械で印刷機で使用する版を出力します。この版にインクが乗って、一度ゴムのローラーに写し取られ、それが紙に再度転写されて印刷物が出来上がります。通常のフルカラー印刷では、CMYKの4色の版を作り、インキを順番に重ねて行くことで色を表現します。

続いて印刷セクションのご説明です。普段見る機会のない印刷機に皆さん興味津々です。

印刷セミナー
印刷機1台1億円という金額に驚く皆さん

印刷セミナー
印刷機を上から見ると、KCMYの順番で色が重なっていくのがわかります

印刷セミナー
1時間10,000枚のスピードで印刷機を回すと、その迫力に驚かれます。

1時間あたり10,000枚を超えるスピードで印刷をするのですが、その際には4つの版が髪の毛1本分のずれも無く正確に同じ位置に取り付けられているか。インクの量や水の量は適正か。そんなことを常にチェックしながら、絵柄が最も良い仕上がりになるようにオペレーターは常に気を使っています。

続いて、特色を練るところをご覧頂きました。DIC〇〇番といった色を指定された場合、複数のインキを配合してその色を作ります。しかし、ただ単に色を配合して練り合わせて終わりではありません。紙質によって、インキが乾いた後の色味が違ってしまうため、それを予測して色を作る必要があります。今回は、紙質によって赤くなったり青くなったり、色作りが難しい紺色を作ってみました。作った時にはカラーチップと全く同じ色だったのに、1時間ほどしてインキが乾くと、紙によっては全然違う色になってしまいます。それを見越して色を配合するのが、印刷職人の腕の見せ所なのです。

印刷セミナー
配合したインキを紙につけて色の確認をしているところ

工場見学が終わると、次はco-lab墨田亀沢(http://co-lab-sumida.jp/) に戻って、画像処理に関するご説明です。デジカメで撮影した画像が、なぜ印刷すると色がくすんでしまうのか。その原理と対策について学んで頂きました。

印刷セミナー
RGBデータをCMYKに変換すると色がくすみます

最後に、デジタル印刷機と呼ばれる新しい印刷機が出始めてきており、1枚1枚違う絵柄を印刷する事ができるようになった。これによって、webサイトでは当たり前になりつつある個人ごとにパーソナライズされた情報を、印刷でも実現出来るようになった。といった最新の印刷事情についてもお話しをさせて頂きました。

質疑応答もとても盛り上がり、予定時間をちょっとオーバーしましたが、記念撮影をしてセミナーは終了しました。

印刷セミナー
ちょっと写真が斜めになっていますが・・・。記念撮影。

紙に限らず印刷物を多く作られている。そんな企業で働く方々でも、実際に印刷機が動いている姿を見る機会は少なくて、「何となくわかったつもり」で仕事をされている方って結構多いのではないでしょうか。しかし、印刷している現場を見ることで、製造現場と共通言語ができ、より良いものをつくれるようになります。

サンコーでは今回のような、企業様に向けたセミナーなどのご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

03-5608-5741
(お気軽にお問い合わせください|平日 10:00~18:00)

© SANKO