トップ東京金魚かわら版

東京金魚かわら版

2016.04.02
東京金魚かわら版

東京金魚かわら版
サンコーで印刷を担当させてもらっている、すみだ水族館さんの東京金魚かわら版という冊子のご紹介です。このかわら版は、印刷的には2色の表裏で紙が上質紙なので、サンコーのSPIACAという機械に最適なお仕事なのです。
普通の印刷物は表を刷ってから、インキが乾くのを待って裏面を刷ります(両面を一気に刷れる8色機もありますが、町工場レベルの機械では無いのでおいておいて)。でも、SPIACAなら、2色までなら片面を印刷した後に、紙を反転させて裏面も一気に印刷する事ができます。これによって、早く刷り終わるだけでなく、表裏のズレも少なくなるのです。青と赤の両面2色のかわら版には最適なのです。
このかわら版、サンコーの3階にあるco-lab墨田亀沢でもお配りしてます。

03-5608-5741
(お気軽にお問い合わせください|平日 10:00~18:00)

© SANKO