トップ壁面のサインパネルを施工しました

壁面のサインパネルを施工しました

2016.02.05

壁面のサインパネル
co-lab二子玉川が入居しているカタリストBA(http://catalyst-ba.com/)のサインパネルを施工させて頂きました。

この様なパネルを作る場合は、紙にインクジェット出力したものをスチレンボードに貼りつけるのが主流です。しかし、スチレンボードだと時間と共に反りが出てきてしまいます。今回はある程度長期間使用するパネルということで、アルミのマットに貼り付けをしました。また出力するシートも、通常の紙ではなく塩ビタックシートという糊がついたビニールのシール用紙を選択し、傷などから印刷面を守ることができるマットラミネート加工を施しました。

今回のデザインは、co-lab二子玉川のメンバーでもあるcocoroeさん(http://www.cocoroe.co.jp/)が手掛けられて、カタリストBAのコンセプトを円のつながりで表現しているのですが、色と言う面から見ると、かなりグラデーションを多用したデザインとなっています。このようなデザインでは、印刷機の特性によりグラデーションが濃いめになるのか、薄めになるのか、実際にやってみないとわかりません。そのため校正出力をするのですが、実際のパネルサイズは縦で2メートル以上あるため、そのままのサイズで校正出力をするとかなりコストが掛かってしまいます。そのため、A1サイズまで縮小したサイズで色校正を取ることをご提案し、そこで色味を確認して頂きました。ちなみに、色校正を作る際にcocoroeさんが、色校正に関するものすごいノウハウをお持ちで、私たちも勉強させてもらいました。

また、印刷機のサイズの制約があり、縦で3枚の分割して印刷しなければいけないのですが、どの場所に切れ目が来たら最もデザインに影響が無いか。そのような部分もcocoroeさんとすり合わせをしながら、制作させて頂きました。

分割した部分の色のずれも無く、手前味噌ながらいい出来になったと思います。内装屋さんがこのようなパネルを作る事もありますが、私たち印刷会社には印刷会社としてのノウハウがあって、お客様のためにお手伝い出来る事があるのです。
co-labさんのニュースにも取り上げて貰いました。
http://co-lab.jp/locations/futako/21100

壁面のサインパネル 壁面のサインパネル 壁面のサインパネル

03-5608-5741
(お気軽にお問い合わせください|平日 10:00~18:00)

© SANKO