トップ初任行政研修「現場訪問」を受けました。

初任行政研修「現場訪問」を受けました。

2016.06.07

初任行政研修
今年の4月から国家公務員として勤務を開始した、新人の皆さんは、人事院に集まって数か月間の研修を受けます。その研修の一環で、数年前から「墨田区の中小企業を訪問し、政策立案を行う上で必要となる、現場を知ることの重要性を学ぶ。」と言う目的で、現場訪問というカリキュラムがあり、サンコーでは昨年から協力をさせて貰っています。

15名の新人さんたちがバスでお越しになり、サンコーの沿革、印刷業界の変遷と現在の課題、会社のビジョンなどについてご説明させて頂きました。その後、工場を見学して頂きました。印刷物は普段接するものでありながら、その印刷物が出来上がっていく工程は中々見る機会が無いものです。皆さん、メモを取りながら真剣に聞いている姿が印象的でした。

お話しをしていて感じたのが、国家の運営を担うエリートの皆さんは、とにかく優秀。そして、モチベーションがすごく高い。出てくる質問も、数か月前まで学生だったとは思えないくらいに的確で、こちらがどぎまぎしてしまうようなものばかりでしたでした。

今後の政策立案や政策運営という実務において、今日視察した中小企業の現場・現実のことがどこか頭の片隅にでも残っていてくれて、政策に現場のリアル感が宿ってくれたら、こんなにうれしいことはありません。そして、そんなことを実現してくれそうな目がキラキラ輝いている若者を前にお話しをさせてもらい、こちらも刺激をもらいました。

初任行政研修 初任行政研修 初任行政研修

03-5608-5741
(お気軽にお問い合わせください|平日 10:00~18:00)

© SANKO